TORIATE’s blog

創作物の欠片や思考断片、日記

悪事の正当化こそ正義の本質

お腹が空いた子供のために親が万引きをした時
それは万引きという悪事だ
しかし、親は自らを正当化するだろう
子供のための正義だと
軍隊が自国を守るときに敵国の軍隊を殺す
人を殺してはいるが自国を守るため自分を守るためと正当化される
故に正義だ
敵国からすれば悪だけど
テロリストがテロリズムを行うとき
彼らは自らの破壊行為と殺人を正当化するために正義という
実際に彼らが革命、クーデターによって政権奪取に成功したとき
彼らを悪と断じるモノを全て黙らせ、或いは処刑したとき
彼らの悪事は正当化され正義となる
もちろん、失敗すればただの悪だ
ただ、ここに善はない
悪事を働き正当化に成功し、自らの仲間や心情、思想によって富を分配するときに善が発生する

万引き犯が子供に万引きした物を与える時そこには善は有る
しかし、正義だから善であるわけじゃない
悪人が病気で苦しんでいるのを医者が助けたらそれは善では有るが正義じゃない
悪人が病気で苦しんでいるのを医者が見殺しにしたらそれは正義ではあっても善ではない
悪人が善人によって生かされ
正義の名のもとに悪事を行い善人を殺す
善人はゆえに長生きしない
悪事を正当化するものは悪を助けないので善人ではないが生きのこる
戦争で有限の富を奪い合い、敵から富を収奪するとき
互いに正義を執行しあい悪事を行っているだけで
富を作ることも
富を増やしもしない
誰も助けないし
誰も救わない
だから正義の中に善はない悪事の正当化が正義なだけだ

正義を信奉するものは其の正義を信奉しないものにとって悪を信奉しているのと変わらない
善行をする者は悪人をも助けてしまう
悪を憎むものは善から遠ざかり悪に近づく
善は富を増やし、人を救い
悪は富を奪い、人を殺す
正義は悪の正当化以外のなんだ

 

善を伴わない正義は
悪と何ら変わりがないといいたい
正義の味方は暴力で悪をねじ伏せるが
その後で困っている弱者を助けるという善が伴っているからだ
正義の味方がただ悪をねじ伏せ
弱者を悪と同じように苦しめたら
そいつは悪なんだ
ただ圧制者が代わったに過ぎない
だから善だけが蓄積でありたとえその過程で犠牲が出ても
着実に世の中が良くなると言いたい