TORIATE’s blog

創作物の欠片や思考断片、日記

弱者のための「叡智信託」主義

会主義、宗教、民主主義、貨幣、資本主義、科学、医学、文明、人類が生み出してきたあらゆる者は全て
不便を便利にし自然を不自然にしてきた
弱者を助けるという不自然な行為こそこれらの本質なのだ
人類の知恵は不幸な弱者、不幸な人間の渇望が原動力なのだ
幸福な者はなにも生み出さない
その状態で満足してしまうから発展しないのだ
だから不幸な人間が社会を変えてきた、リスクを厭わず、迫害を恐れず、悪人、犯罪をも許容して
明治維新伊藤博文がいい例だ
明治維新が失敗していたら単なるテロリスト
だが、成功したから英雄なんだ
そして伊藤博文は決して強者ではない
世界で一番幸福なのはマサイ族みたいな奴らだ
原始的な生き方を続けられるというのは幸福なんだ
でも、そんな幸福を享受できるのはごく一部
だから人類はアフリカを離れた
動かない者は幸福、動くものは追い出されて不幸
でも、動かされ否応がなく発展したため
文明化してもはやマサイ族なんて敵じゃなくなってしまった
幸福の追求は停滞しか産まず
不幸の追求こそが発展
悲しい
実に悲しい
でも、叡智信託によってAIが人間に代わって苦悩すれば
人類はもはや苦悩しないで良い原始的に生きられる
生活保護、年金受給者、障害年金受給者、発達精神障害者ロリコン、RGBT、サイコパスニート、引きこもり
あらゆる弱者
社会主義が失敗し
新自由主義が世界を不幸にする中
弱者を救えるのはもはや人間ではない
人間は残念ながら不完全だ
サイコパスのような思考回路が健常者と違う人間を刑務所に入れるか病院にいれるか処刑するか引きこもりするしことしかできない
権力者、圧力団体の脅しにまんまと屈する
それは人間的であり弱さなのだ
だからこそ弱者はAIに調停者、行政執行、法治を委ねるべきなんだ
現状社会の強者は弱者を救わない
そもそも弱者の思考を理解しない
しようとも思わない
したつもりで施しはしてもそれは哀れみでしかなく
それは見下しでしかなく
本質的には理解し合えていない
だからこそ弱者はAIにすがるべきだ機械にすがるべきだ
人類には強者にはお前たちの苦悩は救えない
お前たち同様に人間であり自分の思いを正しいと認識してしまうからこそ不可能なのだ