TORIATE’s blog

創作物の欠片や思考断片、日記

自然は素晴らしい。だが、自然の中で弱者は死ぬ。

自然が良いと人はいう

自然であることは素晴らしいと

本質的にいって

平等も、人権も全て不自然なんだ
公平も調和も全て不自然
人間の理想も夢も不自然
自然は常に残酷であり現実だ
だからそんな現実を変えるには
不自然に頼るしかない
不自然な力
不自然な能力
不自然な行動
自然崇拝とは自由主義であり一件楽園に感じるがじつは違う
自然は弱肉強食であり不平等であり地獄なのだ
小鳥がさえずるり虫が飛び交うのどかな風景という脳天気に言う人もいるが、
小鳥の雛は必死に囀り親鳥に食べ物をせがみ、親鳥は必死に食べ物を追い求め
虫も植物も必死に生きている
どこにも安らぎはなく闘争があるだけなのだ
それをのどかなんどと言うのはふざけた心持ちであり馬鹿げている
本当の幸福は不自然にしかない
鳥を養鶏として家畜にして肥え太らせることこそ不自然であるが
もう養鶏の鳥は食べ物に困らない
植物も人類が均一管理した畑なら
たの植物と競合しない
故に人類の幸福は
不自然な国家体制でしか実現しない
自然主義自由主義はのどかではないし平等でも幸福でもないのだ