TORIATE’s blog

創作物の欠片や思考断片、日記

善の希求も大量の人間を犠牲にする。まるで植物死体が土壌となって新たなる植物の土壌になるように。

www.nicovideo.jp

私はこの動画大好きだ

降雨量が凄まじく土壌どころが岩盤までも水で削られるような土地に
栄養価のない岩石の隙間に苔が張り付き
その死骸の体積した僅かな堆肥の上に食虫植物が生える
苔の死骸だけの土壌に栄養がないので食虫植物は昆虫を餌に繁栄し死骸となり堆肥になる
そしてラストは
食虫植物が堆肥となった場所から今度はイネ科の植物が生えて食虫植物を駆逐する
では苔、食虫植物は悪なのか?
イネ科は苔や食虫植物の歴史という体積した堆肥を利用してのさばる
いわば犠牲の上に成り立っている
人間はどうだろうか?
黒部ダムを作るときに多くの人間の命も失われたが
日本を便利した

チッソもそうさ

足尾銅山

軍艦島の炭鉱も

公害問題、人権問題を引き起こした企業すら

世の中を便利にした組織なんだ

ただいな犠牲、多くの人間の苦しみを土壌にしてね

 

中国の隋もだ大運河建設を推し進めて国家は破綻した

しかし其の運河は今も便利に利用されている

 

大日本帝国が建設していまも北朝鮮で使われている水豊ダムもね

北朝鮮からすれば悪の帝国が作ったシロモノだが

現にいま北朝鮮国民全員に対して電力を供給している

大日本帝国という死骸の上に出来た北朝鮮

あるわけだ


確かに太平洋戦争は馬鹿げていたが
あの戦争でインドと東南アジアの多くの植民地が開放された
もちろん日本人が200万人死んだことを良かったなんて口が裂けても言いたくない
でも、もう起きてしまったことでもう変わらない
そして、こういう犠牲と努力と蓄積のはてに今、現在人類は発展を続けている
犠牲になる方はたまったもんじゃないことはわかっている
でも、じゃあ、だれも犠牲にならず
誰も苦しまなかったらどうなっていただろう?
それは未開な人間がただいる世界になる
老荘思想だとそれこそ素晴らしい世界と言うが
大きな間違いだと言いたい
なぜなら老荘思想は結局今いきている人間を守れないんだ
老荘思想は弱者を守れないんだ
自然のままがいいと老子はいう
でも、生まれ持った弱者である障害者を救わない
それに発展を否定するから
欧米の戦闘狂に対して自らを守ることも出来ない
だからアヘン戦争から朝鮮戦争あたりまで中国はただただ辛酸をなめたわけだ
発展には誰かが犠牲になるしかなく
犠牲になったモノを尊び敬う心を忘れないことがせめて
犠牲になった人とこれから犠牲になる人間への希望になると思う